不動産売却を考えている方はプロに相談しましょう

使用していない不動産はありますか?売却をお考えの方はプロにご相談! - 不動産売却を考えている方はプロに相談しましょう

不動産売却を考えている方はプロに相談しましょう

bgrstrjy
不動産売却を考えたなら、まず第一にすべきことは何か。それはプロを探すことです。昨今はどの業界でも情報が溢れており、収集がつきません。時には誤った都市伝説もあります。それを上手く整理し安心したいなら、プロに相談しましょう。

鑑定と査定は違います

不動産売却のプロとは誰か。素朴な疑問を感じます。まず思い浮かぶのは、不動産鑑定士です。ネットで手軽にできるようになった不動産の一括査定は、鑑定士がしているのでしょうか。

基本的に不動産の鑑定と査定は別物です。公的書類を作るために行うのが鑑定です。これには資格が必要です。一方で現状における当該不動産の価格を推計するのが不動産査定です。こちらには特別な資格は不要です。目安であり、絶対的な金額ではないからです。

宅地建物取引士とは

不動産会社にいる人を考えると、宅地建物取引士がイメージされます。なおかつては宅地建物取引主任者という資格名でした。しかし2014年に関連法が改正されたことに伴い、現在の名称、略称として宅建士が使われるようになりました。

とはいえ不動産業にもいくつかの種類があります。まず基本的に、不動産売買、その仲介を行うのが不動産取引業です。ここでは宅建士がいなければなりません。一方で賃貸物件だけを扱う不動産賃貸業、建物を管理する不動産管理業であれば、特別な免許は不要です。

すなわち不動産を売却したいなら、信頼できる宅建士がいる会社もしくは店舗を選んで相談すべきなのでしょう。

不動産を個人で売却できるのか

プロに任せるべきなのでしょうが、ここでも素朴な疑問です。不動産を個人で売買できないのでしょうか。答えは、できます。とはいえメリットとデメリットがあります。

不動産を個人で売買するメリットは、高額な手数料を支払う必要がなことです。面倒な契約書なども不要ですね。親しい知人や親子間ならば意外とスムーズに話が進むかもしれません。

とはいえデメリットも多くあります。第一に適正な査定ができるのか。第二に税務関係の対策も厄介です。第三には買い手をどうやって見つけるか。不動産業者間のネットワークを侮ってはいけません。

そして最も重要なことですが、トラブルに陥りがちです。特に何らかの瑕疵があった際、第三者的な仲介者がいないと、水掛け論になり収集がつきません。

トータルで考えると、たとえ親子の間柄であっても、プロの仲介人に相談した方が無難です。税務上の証明にもなります。だからこそ皆、不動産屋にお願いするのです。

プロとは誰か

nhgtdkuy
最終的なまとめにも通じますが、不動産売却のプロとは誰か。その見つけ方にコツはあるのでしょうか。

まずは信頼できる不動産業者であるかチェックしましょう。ポイントは、免許の有無、資格の更新回数、そして関連団体へ加盟しているか、などです。もちろん宅建士が常駐しているかも確認しましょう。単なる名義貸しは違法です。

とはいえ肩書きだけでだまされてはいけません。一括査定などを利用して、ある程度業者を絞ったら直接会って相談しましょう。その場合には、具体的な説明をしてくれるか、これが成功の鍵です。

何となく曖昧に、わかったようなわからないような、不動産に限らずありがちです。ウェブサイトを閲覧する際も、納得できるページなのか、考えてみましょう。詳細であっても、文字の羅列であれば、素人にはやさしくありませんね。

プロに相談しましょう

餅は餅屋です。不動産の売却を考えたなら、まずは宅建士などのプロに相談しましょう。個人では気づかなかった多くの情報を教えてくれます。満足できる結果につながるはずです。